宰相府:技族院

アクセスカウンタ

zoom RSS 萩野さんの授業内容

<<   作成日時 : 2007/03/22 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<背景を描いてみよう>

廊下へ


「今回はデッサン室作成の作業行程を例に、フォトショップ使用した
 下書きからダイレクトに描く背景、の作業内容を簡単に説明します。」

〜作業の流れ〜

ラフ作成→パース、下書き作成→バック主線作成→小物主線作成
→基本色配置→影部分配置→乗算使用による影の配置→ハイライト配置
→Web用に加工 です。

※Macにスクリーンショット機能が無い為、ツールの画像が撮る事がきませんでした、
 こちらと合わせて、アポロさんの授業を見る事をお勧め致します。orz


1.ラフ〜主線まで


「まず、ラフを紙に描いて、描きたいもののイメージを固めましょう。」
「ここで、しっかり決めておくと、作業に迷いが出にくくなります。」


「次に、それを元に、フォトショップ上での作画を開始します。」

画像


1. バックに壁の基本色を流し込んでおきます。
  (今回は1200×1200の解像度150、モードはRGB、パレットはCMYKです。)
2. レイヤーを増やし、ライン・鉛筆ツールで、パース、書き込むものの位置を入れ込む。
  つまり下書きをするわけです。(これは後でレイヤーごと消します)
  描いたらレイヤーの透明度を20〜50%にして、作業の邪魔にならないようにする。
3. レイヤーを増やし、バックの主線をライン・鉛筆ツールで、
  2 に添って書き込んでいきます。
4. レイヤーを増やし、椅子や小物の主線をライン・鉛筆ツールで、
  2 に添って書き込んでいきます。


「下書きは、初めは細かく描く必要がありますが、慣れればおおまかなアタリを入れる
 だけで作画できる様になります。床に書き込んだパースに気をつけて、必要な物を、
 違和感の無い様に描きこんでいきましょうー。」


2.主線〜色塗りまで

画像


1. 主線の下にパーツ毎にレイヤーを増やし、基本になる色を流し込みツールや、
  鉛筆ツールでざっくりと入れこみます。
  (床は素材を利用し、変型ツールでパースと合わせ、色調整しています)
2. レイヤーの透明部分を保護し、おおまかな影(椅子や石膏像の台)を
  基本色より濃い色で描き込みます。
3. 石膏像や、キャンバスの中も書き込む。


「細かい所ぬりにくいー!」


「って、なっても、はみ出た部分は消しゴムツールで消せば大丈夫。」
「ですから、気にせず塗ってみて下さいね。」


「台がどうもおかしいので、これは書き直して…、これでほぼ出来上がりー。」
「(修正も楽にできるのが、フォトショップやSAIのいいところだよね)」


3.仕上げまで


「仕上げに入りましょう。」


「影が無いと、ぺたーっとして見えるね。」
「影を足して、画面を引き締めましょう」


「最後にハイライトも入れてさらに良くするぞ!」

画像


1. 床素材の上にレイヤーを増やし、乗算にして、薄いグレーで影を入れて行きます。
  (この際オプションで筆圧や、サイズにチェックを入れ、抜きが透明になる様に設定)
2. 主線の上にレイヤーを増やし、同じく椅子や石膏像などの小物に影を入れます。
3. 一番上にレイヤーを増やし、焼き込みにして、窓からの光り、ハイライトをつける。
4. 主線レイヤーの透明部分を保護をチェックし、茶色で線の色を替え、
  その後、保護を外してぼかしをかけ、自然な線に見せる。
5. 余計な線を消しゴムツールで消して、完成。


「できたー!」


4. Web用に加工する


「アイドレスでは、Web用に加工したものを提出したり、使用したりするので、
 それに適した状態にしましょう」

○解像度をブラウザに合わせ、72dpi、500p×500pに落とす。
 携帯用には、その際フィルタ→シャープをかけると良いでしょう。
(縦550p×横800p以内に収めるとスクロールせずともイラスト全体が見えます)

○画像容量は100KB以内
(携帯対応にするときはもっと落とすとよいです)

○WEB上で使われる画像のファイル保存形式は、jpg、gif、png、bmpですが、
 今回の様なものにはjpg、アイコンやロゴの様なはっきりしたものはgifが向いてます。


●背景を描くコツ


「背景をきちんと描くには…」


「資料そろえて、建物や物、自然の正しい姿を捕える事」
「パースを利用して、物を配置する事、です。」


「(私もまだまだ修行中、絵の道は一日にしてならず!ですよ。)」


「以上で、背景の書き方の簡単な説明を終ります。」
「慣れるまで、うまく描けないと思いますが、焦らず、一歩ずつ頑張ってくださいね。」




作業環境:MacOS9.0/Photoshop5.5/A4サイズスキャナ/WACOMペンタブレット
作業時間:約3時間



職員室へ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
萩野さんの授業内容 宰相府:技族院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる